こじゃんと、うまいぜよ! 首都圏発、高知の食探訪

©(公社)高知市観光協会

バスなら格安料金も!現地への足を確保しよう


「四国4県の名称と位置をすべて正しく答えなさい」

こんなクイズ番組の問題、よく見かけますよね。県名や地理関係について、ちょっと悩む方もいらっしゃるかもしれません。
今回スポットをあてる高知県は、四国4県のうち、最も南にある太平洋に面した場所。桂浜など自然の景勝地も多く、坂本龍馬の出身地としても有名な場所です。

まずは首都圏から高知までのアクセスをご紹介しましょう。
飛行機なら羽田から1時間20分、新幹線だとのぞみ使用で約6時間です。もし、なるべく安く済ませたいなら高速バスもお勧め。急な予定で飛行機が取れない時など、バスを利用する方も大勢いらっしゃいます。

かくいう筆者も、今回はあえて高速バスを選択。バスタ新宿からおよそ10時間強、往復運賃約19,000円で高知駅に到着しました。
予約の際は4列シートだと身体がキツイかもしれないので、3列独立シートを利用するのがいいでしょう。
夜行バス利用の場合、早朝に到着できるのが大きなメリット。高知県は、かの“名古屋”にも負けない喫茶店のモーニング文化が根付いており、早朝から営業しているカフェも多いんです! これをお目当てに、筆者も早速、駅ナカにある「COCOCHI カフェ」へと突撃しました。
高知駅構内にあるので、とても便利な立地。待ち合わせ場所としても最適です。店内もキレイで快適に過ごせますよ。



モーニングメニューには、ダイナミックなおにぎりやトーストなどがあり、どれも捨てがたい魅力がありましたが、今回チョイスしたのは「ココチうどん」。四万十産のアオサと香り高い刻み柚子の入った、上品な香りが印象的な料理です。出汁の効いたスープが優しく染み渡り、メインのうどんもシコシコ。自己主張しすぎない美味しさが、ほっこりする一品でした。
食後のコーヒーには「坂本龍馬カフェラテ」をチョイス。ラテアートで龍馬さんの似顔絵が描かれているんですが……これ、すごいクオリティじゃありませんか? もちろん、ラテ自体が美味しいのですが、とにかく見た目にヤラレました。高知気分を満喫するためにも、こちらのカフェラテ、お勧めです!

COCOCHIカフェ
〒780-0061 高知県高知市栄田町2丁目1−10 高知駅

COCHI cocochi コーヒー
COCHI cocochi コーヒー、高知県 高知市 – いいね!67件 · 1人が話題にしています · 6人がチェックインしました – レストラン


こんな家に住んでみたい! おしゃれな隠れ家カフェ


残念ながら、高知駅の周辺にはコンセント付きの電源カフェがほとんどありません。そこでお役立ちなのが、北口を出てすぐのサークルKサンクスに併設されているイートインコーナー! ここ、つい最近まではサークルKサンクスが経営している「K’s café 」だったのですが、2017年2月28日をもって閉店。イートインスペースとはいえ、カフェの内装はそのまま残っていますので、コンビニで買ったドリンクやフードをゆっくり落ち着いた雰囲気の中でいただくことができます。窓際のカウンター席に電源コーナーもありますし、いったん一息ついてから観光に繰り出したい方は、このサークルKサンクスに立ち寄るのもいいと思います。

朝食でお腹を満たした後、筆者は高知県立県民文化ホールのLIVEを見に行きました。風情のある路面電車を使っての移動でしたが、乗り継ぎも含めて、交通網がしっかりしているので、とにかく便利。途中には有名な「はりまや橋」もありますし、高知城へのアクセスにも便利ので、観光地巡りには最適です。




目的地の高知県立県民文化ホールに到着した後は、「スイーツが食べたい」という友人の希望で、ホール近辺のカフェへ。メインストリートから裏道にちょっと入ってみると……ありました、昭和の時代にタイムスリップしたかのような内装で、ロフト席のある素敵なお店!!
コーヒーショップZUM ZUM」は、軽食を食べたい方もスイーツ系がお好みの方も満足できる品揃えで、値段も格安。こんなに素敵な隠れ家カフェがあるなんて……さすがはモーニング文化の根強い街ですよね。
私が注文したのはリコッタチーズの手造りパンケーキ。カットフルーツとホイップクリーム、チーズクリームが添えられていて、ボリュームもそれほどないので、食後のスイーツにはぴったりです。



他にはコーヒーソフトクリームやハーフケーキなども用意されています。モーニングやランチメニューもお店のお勧めとのことなので、近くまでま行った方は、ぜひ「コーヒーショップZUM ZUM」で色々なメニューを試してみてくださいね。

コーヒーショップZUM ZUM
〒780-0870高知市本町4-2-20 2F

コーヒーショップ zumzum
コーヒーショップ zumzum、高知県 高知市 – いいね!94件 – レストラン


どこか懐かしい味 駅前の人気居酒屋


高知へ行ったら、皆さんが必ずと行っていいほどチェックするのは「ひろめ市場」ではないでしょうか。
ここでは、新鮮な鰹のたたきを塩味でいただくのが旅行通の自慢。確かに、臭みのない塩風味の鰹にはちょっとした感動があります。

でも、イベント開催時で混雑している時は、「ひろめ市場」での食事はなかなかに厳しい……そんな時に活躍してくれるのが、地元の方に愛されている穴場スポットです。
高知駅付近にある居酒屋「土佐」は、友人からクチコミで教えてもらった落ち着いた雰囲気のお店。いかにもオーソドックスな居酒屋なんですが、アットホームな店員さんが笑顔で迎えてくださいます。そして、テーブルにつくなりポンと置かれたつきだしの煮物が、シンプルなのにめちゃくちゃ旨い! 味付けは濃すぎず、薄すぎず。これぞおふくろの味という塩梅で、じわぁっと懐かしさがこみ上げてきます。



続いて出てきた鰹のたたきには、玉ねぎがたっぷり。これがまた絶妙な取り合わせで、山盛りの玉ねぎには程よく酸味を効かせ、歯ざわり抜群で余計な辛味も抜けているから、サラダとしてそのまま食べても美味しいんですよ。その玉ねぎを、鰹のたたきと一緒に口に運ぶと、これまた新たな味のハーモニーが奏でられます。
他にもウツボの唐揚げメヒカリドロメ川海老の唐揚げなど、高知ならではの素材を使った料理がズラリ。
どれもデカ盛り、かつ美味しいので、箸がどんどん進みます。



定番の料理も、これまた絶品。ふっくら焼き上げた厚焼きたまごは、出汁が本当に良い仕事をしていて、ほんのり塩味が効いているので、最後まで飽きることなくいただけます。焼きおにぎりは、写真では伝わりにくいかもしれませんが、子供の顔の大きさほどもあるビッグサイズ。でも決して大味ではなく、むしろ繊細な味付け。表面の焦げ目はカリカリっと焼き上げられ、中のごはんは甘さ引きたつもっちり加減が実にありがたい。これも体に優しい、ほっと安心する味付けです。
どこかお袋の味を思い起こさせる懐かしさがあって、心も舌も喜ぶ、居心地抜群の居酒屋です。
ちなみに、お帰りの際にはバナナを一本もらえますよ!

居酒屋「土佐」
〒780-0056
高知県高知市北本町2-7-19



今回はガイドブックに載っている定番店にこだわらず、居心地のよさと味のバランスで、朝食、デザート、夕食をそれぞれチョイスしてみました。せっかく高知に来たのなら、海鮮の美味しい室戸岬まで足を伸ばしてもいいでしょうし、モーニングの食べ比べをするのもアリだと思います。
0泊2日のあわただしい旅でうまいもの巡りをしたため、うっかりお土産を買うのを忘れてしまいましたが、帰りのバスで立ち寄ったSAでお目当ての芋きんを見つけて、即買い、即食い(笑)。
いつもお世話になっている知人友人にも好評で、ホッとした筆者でありました。

投稿者プロフィール

羽野 知
羽野 知
編集者兼フリーランスライター。アパレル業界、旅行代理店、インテリア家具販売、不動産業、カフェ経営、某コンビニエンスストア勤務など、様々なキャリアを持っている。趣味はラグビーをはじめとするスポーツ観戦、路傍の花と自由な猫たちに出会うこと。現在は声帯の仕組みについて独学中。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL