ビュッフェダイニング「Kids Bee」に行って来ました


 

昨年生まれた私の子供も7カ月を過ぎました。ハイハイが上手になり、つかまり立ちも安定してきて転ぶ回数も減ってきました。
成長が微笑ましい一方、出先で食事をした際にベビーカーと子供椅子では動きが制限され、ご機嫌斜めな事が多々あります。これからは場所を考えて食事をしなくては…と思っていたら、良い所がありました!
今回は、お子様が大きくなってきたご家族連れにぴったりのお店「Kids Bee立川立飛店」を紹介します。
 
 

どんな所?

Kids Bee立川立飛店はららぽーと立川立飛の3階にあります。

 
遊具(キャッスルアドベンチャー)とダイニングテーブル(シンデレラビュッフェ)が隣り合わせになっていて、家族みんなで安心して食事やコミュニケーションが楽しめるダイニングビュッフェです。

その他にゲームで遊んでお宝がGETできたり、はじめてのお買い物体験ができるキッズマーケットや童話の世界の主人公のような特別なバースデーパーティーができるパーティールーム、童話を通じて身につける英語教室「イーコラボ」があります。

入る前に受付で利用コースを決め料金を支払います。混み具合によると思いますが、テーブル席と座敷席が選べます。
席に案内してもらいながら、簡単に店内の利用説明もしてくれます。座敷席を希望したので、ベビーカーの置き場所の誘導がありました。
 
 

シンデレラビュッフェ

一流シェフが手掛ける本格料理で和食、洋食、中華、スイーツが常にビュッフェスタイルで食べられます。飲み物もHOT、ICEはもちろん、アルコールもありました。

中でもローストポークが非常に美味しかったです!ローストポークは焼きあがった時間に案内放送が入り、無くなり次第終了です。
ソースはハニーマスタードと岩塩が選べ、付け合せにパクチーがのっていました。
2時間いる間に1回遭遇しました。次回来た時もまた是非食べたいです。

食べやすい小さいウィンナーや自分で好きな具をはさんで作れるホットドッグがあったり、スイーツコーナーにはチョコファウンテンやクレープを焼けるプレートも置いてあったりと、子供が楽しみながら食べられるフードも充実していまいた。
 
 

キャッスルアドベンチャー

国内最大級の屋内遊具です。
心と体を育む7つのゾーンがあります。

  1. アクションボール
  2. すいすいスライダー
  3. アスレチック
  4. ボールプール
  5. ぐるぐるツリー
  6. トラックのお店屋さん
  7. ハイハイコーナー

それぞれのゾーンには利用対象年齢があります。
ハイハイコーナーは0歳から1歳です。
クッションなのでおもいっきりハイハイできます。
 

 
案内してもらった席がハイハイコーナーに面しているすぐ隣の座敷席でした。テーブルは3つだけでしたが、奥にもたくさん座敷席があります。
来店後しばらくして日差しが眩しくなってきたので、店員さんがブラインドを閉めてくれました。ブラインドが開いていると外が見えて開放感がある席です。
 
 

営業時間・料金



今回は平日の13:00から2時間コースで利用しました。0歳児は無料です。
入店も待ち時間無し、遊具も空いていて遊びやすそうでした。
小学生以下の子供連れの家族が対象です。遊具のみの利用もできます。
 


入り口で無期限のスタンプカードがもらえます。お誕生月はガチャができます。
 
 

まとめ

屋内遊具がある所は近くにもありますが、ビュッフェに併設された施設は初めてでした。大人もテンションが上がってしまいとても楽しかったです。
大人はお腹いっぱい。子供は動きまわれてニコニコ。
子供も異空間を感じた?のかテンションが上がっているようにみえました。
遊具は利用制限があるので遊べませんでしたが、今度利用した時は楽しく遊べるといいです。小さなお子様連れのお母様におすすめしたい、私自身も是非また行きたいお店です!

Kids Bee

[料金はすべて2017年5月現在のものです]

投稿者プロフィール

あおい
あおい
42歳にしてようやく母となる。
育児の大変さを感じているが、子供の笑顔と2匹の猫に癒され、唯一のとりえと言っても過言ではない体力と、スパルタ時代の部活で培った根性で毎日を乗り切っている主婦。
育児が楽しくできるように試行錯誤しながら子供と一緒に成長中。
スローライフに憧れている。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL